年間300日晴天の楽園!ゴールドコースト支店です。毎日、巨大オージーサイズのランチと格闘して早数年。グッダイマイト(Good Day Mate!)精神で楽しくやっています。そんな楽しさを皆様におっそわけ!

by genchi_ool
 
オーストラリアのお寿司屋さん
「Tomato」  (トマト)

トメイトゥ!


「Apple」  (リンゴ)

あぽー


「Milk」  (牛乳)

みゅぅく


「isn't it ?」  (ですよね?)

いんざね


「Example」  (例)

イグザンポー-ッ!!


「For example」  (例えば)

ふぉー・・・ イグザンポーーッ!!


「For example, Milk」  (例えば、牛乳)

ふぉー・・・ イグザンポーーッ!!   みゅぅく


「with my girlfriend」  (彼女と一緒に)

うぃずま・・・


「Sorry」  (ごめんなさい)




ポッケ先生の英会話教室が終わってから、私たちはお寿司屋さんへ行きました。
d0160406_1272687.jpg

シェブロンルネッサンス内のスーパー coles (コールス)の前、SUSHI TIME (スシタイム)さんです!
こちらオーストラリアでも和食お寿司は大人気。「ヘルシー!」 回転ずしだったり、日本食レストランで頂くことができるのですが、一番よく目にするのが、このような Take away (テイクアウェイ)お持ち帰りのお店です。
特にショッピングセンターの中にあるのですが、ショッピングセンターの中の道の真ん中、お店とお店の間の通りですね、その真ん中に、どん!とあるのが印象的なんです。そこには水道、流し台が設置してあって、販売だけでなく、そこで巻いてたりします。
私もはじめこれにはびっくりしたんですね。スペースの利用法というか。ほかにはマッサージ屋さんがそこでお客さん並べて、もんでたりします。あと、確定申告の時期になると税理士さんがいて相談とか。端っこ隅っこじゃないんですよ。真ん中むき出しで、壁のないとこで、人通りの多いとこで、そんなことやっちゃうんだ~。「へへへへ。」

サーファーズにもお寿司屋さん数々あれど、このスシタイムさんがね、一番安くて、おいしいと、ガチ代思ってます。シャリの状態がいいんです。ボロボロしなくて。
d0160406_2225433.jpg
はい、こちらオーストラリアでは巻きずしが主流でございます。このように長さ10㎝くらいかなの巻きずしを立てて並べて売ってあるんですね。
d0160406_2255730.jpg
定番が並んでますね。チキン、サーモン、ツナ、揚げ物、あとアボカドがよく使われます。これらのネタがだいたいマヨネーズだったり、テリヤキソースなどのソースの味と巻かれております。「ヘルシー?」
お酢は日本よりきいていないようです。
実はガチ代は、日本の生のお魚のにぎり寿司よりこういう巻きずしのほうが、もとから好きなんです。なので、「わーい。」です。

レディーススライスもございます。
d0160406_2284418.jpg
シャリが外側にくる"裏巻き"です。オレンジ色のつぶつぶがまぶしてあるのは、スパイシーなとうがらし的粉こなだったり、とびこだったりです。「鮮やか~。」 考えるもんですな。
いなりずしもあります。ちょっと大きめが2つで $2.80。ちゃんといなりずしです。オーストラリアでいなりずしが食べられるなんてちょっと驚きですよね。しかも外国の人にも受け入れられるとは、なんか意外。

ガチ代の狙い目はこれ!
d0160406_2562412.jpg

Tuna Avocado ツナアボカドです。いっつも。ツナがね、食べたくて、そんでアボカドも入ってくれてりゃ、そりゃそれ頼むわい。という感じです。$2.60。これが他のとこより何十セントか安い感じなんです。でも今ふっと思ったのに、他のとこより、お寿司が短いのではなかろうか・・・とか。まあ、ええです。それでも。だまされたるです。

よし、注文の練習だ。
キャナイ ハブ ワン ちゅな アボカド、プリーズ?
(Can I have 1 Tuna Avocado, please?  ツナアボカドを1つもらえますか?)

「ガッチ、もっとアボカドをこもったように発音したほうがいいんじゃないの?」
「キャナイ ハブ ワン ちゅな アボガドロ? くらいの勢いで。」

えー、
キャナイ ハブ ワン ちゅな あほが道路?

「ちがうよ、
キャナイ ハブ ワン ちゅな 窓側どうぞ。」

ちがうよ、
キャナイ ハブ ワン ちゅな あ、僕はど っち側でもいいです。

「ちがうよ、
キャナイ ハブ ワン ちゅな あごがどうもおかしいんです、先生。昨日から。」

ちがうよ、
キャナイ ハブ ワン ちゅな 孫がどうもお世話になってます、先生。昨日から。

「キャナイ ハブ ワン 素な アボリジニ?」

キャナイ ハブ ワン テリヤキチキンロール?



あ、すみません。ツナアボカドと、あと、サーモンデライト下さい。
ああ!お姉さん、日本人・・・」
d0160406_2544815.jpg
Salmon Delight サーモンデライトは、生の鮭の身ときゅうりとチーズが入ってます。$2.70。これもおいしい。


「ガッチー。」
d0160406_515384.jpg

うん。
そう、お店にはお醤油が設置してあります。それをここでかけ、colesの目の前のフードコート、テーブル椅子が置いてありますので、そこで、ガチ代は頂くのです。
d0160406_5344299.jpg
「ここ。ガッチのお気に入り席。必殺、壁の裏。」
d0160406_5364276.jpg



あら、なんかどっちかちょっと短いんだけど。 「まあ寿司屋も人の子。」
d0160406_5203751.jpg

お醤油はですね、なんかヤですけど、こうやってかけるんです。漁師っす。漁師。「これが一番うまいだけー!」
だってですね、お醤油のタレビン、魚の入れ物ですね、あれが1個10セントするんです。わさびは20セント。「足元見やがって。」 このあたりが日本と違うんですね。お醤油いらない主義が多いからかしら。
お箸やナプキンはタダで置いてありますので、ご自由に取ってお使い下さい。
でも、ガチ代は、手づかみです。漁師っす。漁師。「これが一番うまいだけー!あんたらあ、こんな新鮮な刺身ー食べたことがなからーが。あっとろし、どがすっだらー。あははははは!わしらー、毎日だで。船でこがして食ようだが。うらやましいかえ。あははははは!な~あ、うまかろう?さあいな、だってさっきまで生きっとただに。」


むちゃむちゃむちゃ・・・
お寿司の接写が画的によくなかったので、写真はなしで、おいしいです。お腹になるし。
お手軽、オーストラリアのお寿司。いかがでしょうか。ぜひお試しあれ。



SUSHI TIME  am 7:30!~ pm 6:30  毎日営業(クリスマスのことを尋ねましたところ、わからないということでした。)


おしまい










現地INFO


現地INFOオーストラリアのフェイスブックはこちらから!!



このブログを友達に教える。


にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
シャークの為に1クリックお願いします!




現地INFOへ
現地INFOウェブサイト
[PR]
by genchi_ool | 2011-09-11 08:10
<< ゴールドコースト発 9月11日... ゴールドコースト発 9月10日... >>


お知らせ
*********************
現地infoブログが
移動しました!


現地infoゴールドコースト
で最新情報をチェック!
*********************
厳選ホテル予約など↓
現地infoへ
現地infoウェブサイト






シドニーのブログはこちら!

ケアンズブログはこちら!


欲しいネタは検索で↓↓↓
検索
最新の記事
タグ
ブログパーツ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧